ただいま休止中m(_ _)m
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< イナズマロックフェス・全体編 | main | イナズマロックフェス・おまけ編 >>
イナズマロックフェス・UVERworld編
えーっと、こちらではUVERworldオンリーのレポでいかせていただきます。
全体編はこちら


◆SE(Timeless Ver.)
おそらくUVERで先行チケット取った人はBブロック振り分けだったのでしょう。
UVERのTシャツ着た人が多かった我がB5ブロック。
UVER陣地というわけで、全然ホームでした。
西川ファンの妹は若干アウェーだったようです(笑)

◆GO-ON
いきなりキターッ!
勿論、生で聴くのは初めて♪
っていうか野外でUVER聴くの初めてなんですよね〜。
なんて開放感!


◆儚くも永久のカナシ
2曲目始まる前にいそいそとブーツを脱ぎ捨てる私(笑)
この曲はやっぱり知名度高いので必ずセトリに入ってくると思ってました♪
そして盛り上がってました。


◆MC TAKUYA∞
この辺はまぁ、まず自己紹介的なMCでした。
滋賀の、しかも草津出身、この場所でライブができることを凄く喜んでましたね。


◆earthy world
複数アーティストが集まるイベントってアルバム曲とかセトリに入れるんだろうか?と、全然予想に入れてなかったのですが…
地元滋賀に帰って来てこれを歌うことの意味を考えたら当然のセトリでしたね!
mixiのコミュでの情報で知ったのですが、「あいつがいなくなって」を「りょうへいがいなくなって」に変えて歌っていたのだそうです。
どんな人なんか全然知らないけど、見に来てたんかなぁ?


◆99/100騙しの哲
続いてまたAwakEVEから♪
最新のアルバムからなら予習の範囲内ですもんね。
この歌、やっぱ超カッコイイわぁ〜。


◆MC TAKUYA∞・真太郎
「真太郎、みんなに何か気のきいたコトを言ってあげなさい」
と、いつものパターンでTAKUYA∞から真太郎へバトンタッチ。
「どーも、UVERworldです。みなさん、楽しんでますかー?」
と、真太郎もいつものパターンで始まる挨拶。
「あんま跳んだり跳ねたりしてると底が抜けるんとちゃいますか(笑)
こことか琵琶湖を埋め立てて作ったとこなんでしょ」
と会場を沸かす。
MCがTAKUYA∞に戻って琵琶湖の思い出を語ります。
「琵琶湖にはいろんな思い出があんねん。向こう岸に渡ろうとしてゴムボートで死にかけたり…、信人と一緒に水着の替わりに姉ちゃんのブルマ履いて泳いでたら中学生にめっちゃ笑われたり………
……って、なんもいい思い出ないわっ(笑)」
と、こちらも会場をどっと沸かせてました。
「だからさ、今日はみんなで良い思い出作ろうぜ!!」
と、バッコリ盛り上げてました。


◆HBB
歌以外のパフォーマンスはやっぱり、わぁっと会場が盛り上がりますよね。


◆the truth
これの掛け合いがやりたくてやりたくて、一番楽しみにしてた曲です!
まだライブでそんなやってないはずなのに、皆の手のカウントダウンの数字が見事に揃ってて感激。
もち、私も全然外してませんでしたよ♪


◆優しさの雫
これもセイカのサックスを滋賀の琵琶湖に響かせるというかなり意味のある大事な一曲でしたね!
そして日没に合わせたセトリだったのかどうかはわからないけど、夕焼けに見事Matchしてました。


◆MC TAKUYA∞
「次の曲は俺らの原点ともいえる曲。聴いてくれ。CHANCE!」
一瞬、原点=デビュー曲かと思ってD-tecかと思ったけど、確かにCHANCE!の方が原点って感じですよね♪


◆CHANCE!
冒頭の「UVERworld」って皆で言うとこ好きです。


◆MC TAKUYA∞
「お前ら、バカになって好きに踊れ!!
これは俺らにしかできひん音楽や!
誰も聴いたことのない
音の積み重なり。
それがUNKNOWN ORCHESTRA!!」


◆UNKNOWN ORCHESTRA
この曲はもうUVERworldの名刺がわりと言っても過言ではない一曲…いやもう逸曲です。
跳ねまくりですよwww
途中、師匠信人の見せ場!
ホントこの人普段と演奏してる時のギャップが凄い。


◆MC TAKUYA∞
Rootsのイントロ流れる。
その時点で泣く準備っしょ。
まずは会場の皆にありがとう!と感謝の気持ちを述べました。
「さっきふっと見たらさ、このマイクにmade in Chinaって書いてあるんすよ。
中国で作られて、今は日本でmade in Chinaとして頑張ってんやな。
………。
で、何が言いたいかとゆうと。
俺らはどこまで行っても made in 滋賀であるということです!
今は東京で活躍してんねんけど、これからもずっとmade in 滋賀であり続けるということ。
そして、いつかmade in JAPANとして胸張っていれるようになります!
俺らはこれからもずっと 夢を追い続けていくんでよろしく!!」
泣くまではしなかったけど、相変わらず熱いぜ、TAKUYA∞!


◆Roots
そして相変わらず熱いぜ、Roots!!


◆激動
ウォーーーーォォ!ヴォイッ!!
跳ばずにいられようか?…いや、跳ぶでしょ!?
叫ばずにいられようか?…いや、叫ぶっしょ!?
というわけで最後までとばしまくりでした。


◆MC TAKUYA∞
「次は西川さん率いるabingdon boys schoolです。
俺らも楽しみにしてました。最後、ばっこり盛り上がんぞ!!
今日は本当にありがとうございました!!」
この日の参加アーティストの中で唯一暑い太陽の下のステージと、ナイトステージの両方を味わえたUVERworldのライブでした。
終わった後、セット組み換えの間座り込んだまま動けませんでした(笑)
それと、余談ですが2日目は日没前後から寒くなって上着着てたんですが、この日は帰りのシャトルバスまで全然寒くなかったです(笑)

****************

◆a.b.s×TAKUYA∞
「LOST REASON」、TAKUYA∞が過去a.b.sのライブで飛び入りしてコラボしたことあったのですが、今回はHOME MADE 家族のMICRO、いらっしゃいますから、やっぱ無理ですよねー…と諦めてたわけですよ。
いやしかし、「LOST REASON-feat.MICRO」、めっちゃカッコよかったですけどもね(*゚∀゚)=3

したら、したら。
まだレコーディングも済んでいない新曲でTAKUYA∞出てきたーー\(≧∀≦)/
後の情報でわかったタイトルは「蒼焔-SOUEN-feat.TAKUYA∞」
めーっちゃカッコイイ!!
そして歌い終わった後のハグ。
な・か・よ・し!!(*´∀`)

この曲、レコーディングもまだということで、前日初めて合わせたそうです。
そのミーティングを西川氏の部屋で行ったらしいのですが、話を引き延ばした末にそのまま西川氏の誕生日である午前0時を過ぎたそうです(笑)
TAKUYA∞、西川さん好き過ぎるwww
スポンサーサイト
COMMENT